Hero Image

株価予想のロボトレーダーによる

auカブコム証券連携!マネックス証券OEM!

明日の株価予想

日本株式
買い予想
更新日時 : 2024年5月28日 18:11

東証GRT[5578]

ARアドバンストテクノロジ

5月29日

株価予想

買い

株価予想

2,144

前日5/28終値 : 2,000円
予想期間 : 2024/5/30~6/11

投資戦略の実績(10日間)

+141750

予想公開日時 : 2024年5月28日 18:11
(次回予想公開は、5月29日 19:30頃予定)

この株価予想をした投資戦略の実績(10日間)
平均利益  
+10,125
合計利益  
+141,750
株価予想回数  
14
勝率  
42.9%

ロボトレーダーにて、実際に配信された株価予想
5/27 -5,200円 3905 データセクショ…200株
5/24 -27,900円 145a L is B300株
5/21 +850円 7011 三菱重工業100株
5/22 -21,200円 9245 リベロ200株
5/27 -15,200円 5889 Japan E…200株
5/24 -24,900円 4389 プロパティデー…300株
5/28 +290,700円 5216 倉元製作所1900株
5/28 +16,400円 6574 コンヴァノ400株
5/24 -46,000円 3856 Abalanc…200株
5/27 0円 9828 元気寿司100株
5/17 -86,400円 6696 トラース・オン…1200株
5/23 +63,000円 7689 コパ・コーポレ…700株
5/15 -5,400円 4272 日本化薬300株
5/15 +3,000円 8155 三益半導体工業…100株
※利用ユーザー数は当社による同種の株価予想ロボによる売買シグナル配信サービスの合算。 ※日本株の各銘柄の株価予想の価格および実績は投資戦略である株価予想ロボ「飛翔クロス」の直近決済20日間(市場開場日)の売買シグナルをもとに算出。
Slash Icon

昨年より多くの方が、2024年に
ロボトレーダーを利用し始めています!

Slash Icon
New

cel様/金融資産1000万円以上

5月17日に利用開始し、昨日時点で
+13万4050円になりました。

※利益:配信シグナルを元にに算出。手数料・税金除く

tak様/金融資産500万円未満

先月に利用を開始し、1ヶ月で
+37万7160円になりました。

※4月2日利用開始。
利益:配信シグナルを元にに算出。手数料・税金除く

sol様/金融資産1000万円以上

5月13日に利用開始し、昨日時点で
+22万960円になりました。

※利益:配信シグナルを元にに算出。手数料・税金除く

ロボトレーダーとは?

利益を上げている戦略で
「リスク分散・リターン最大化」

実績全て公開の200以上の投資戦略を
複数組み合わせて利用

「明日の投資銘柄」を
あなたのメールに。

※ロボトレーダーサービスは投資助言サービスです。

Q. ロボトレーダーの利用者数は? +

2018年にサービスリリースしてから
延べ利用者数は、5,000名以上。

auカブコム証券とのシステム連携や マネックス証券のお客様向けへのサービス提供(OEM)も行っており、 国内大手の証券口座をお持ちのお客様も含めて、 多くの方に選ばれ、ご利用いただいています。

※ロボトレーダーおよび同様の株価予想ロボによる売買シグナル配信サービスOEMの実績を含む

Q. みんなの金融資産はいくら? +

小額から高額まで多様な資金運用ニーズに利用されています。

金融資産の分布:

  • 500万円未満 ・・・ 42%
  • 500~1000万円 ・・・ 26%
  • 1000万円以上 ・・・ 37%

※2024/4/12時点

Q. 長く利用している人はいるの? +

平均10ヶ月以上継続しています。

利用開始から1ヶ月にも満たないユーザーも含めた平均値のため、実際には10ヶ月より長い期間継続利用していると言えます。

※2024/4/10時点で利用中ユーザーの継続利用日数より算出

Q. 利益はでているの? +

利用ユーザーの90%の方が運用中ロボの成績がプラスです。

必ずプラスになるとは限らず、マイナスの成績も方もいます。

好成績のユーザーは、不調になったロボを早めに入れ替える傾向があります。

※2023年8月末時点。手数料、税金は含みません

期間限定キャンペーン
2024年5月31日 12:00まで

30日お試し無料キャンペーン 30日お試し無料キャンペーン
実績のある株価予想ロボが売買シグナル配信!ロボトレーダー。株式会社テラス 投資助言代理業 関東財務局長(金商)第2347号
2018年にスタートした投資WEBサービス

既に5000名以上が利用している
実績のある株価予想ロボが、

日々「明日の株価予想」を
あなたのメールへお届け。

明日の株価予想とは?

明日の株価予想とは、翌日以降の株価や上昇/下落トレンドを、過去のデータをもとに統計的に分析し、確率的に可能性の高い未来を予測した情報であり、実際の取引を行うことができる投資情報のこと。

株価予想の情報として最低限必要な要素は、
①いつ
②どの銘柄を
③買い/売りなのか(もしくは目標株価)
の3つとなります。

ただ、これらの情報だけでは、仕掛け(エントリー)の注文しか指定できず、決済が行えません。

そのため、株価予想として完結するためには、
④決済の情報
が必要です。

ネットでよく見かける成績紹介として「5/10に買い推奨した〇〇銘柄が7/13に+☆%」などがありますが、明確な決済タイミングを知ることができなければ「+☆%」の利益を得ることはできず絵に描いた餅になってしまいます。

現在のプログラムを用いたトレードにおいては、「銘柄選定」や「エントリータイミング」と同じくらい、もしくはそれ以上に「決済のタイミング」のルールが重要と言われています。

確率統計的な分析が必要なのでコンピューターによる電算処理を利用するのが前提ですが、もちろん超人的な処理能力を持つ人間が分析をすることもできなくはありません。

ただ、インサイダー情報などその人しか知ることができない秘匿性のある情報を用いる以外に人がコンピューターに統計処理でかなうことはないでしょう。




誰が、どのように、明日の株価予想をしているのか?

株価予想を行うロボット(プログラム)が、日々最新の様々なデータを収集し、確率統計分析により、確率の高い将来の株価予測を計算しています。

ロボトレーダーだけではなく、現在では機関投資家や巨額の資金を扱うファンドなどでは、当然プログラムによる株価予測をしています。

例えば、すでに東証の取引注文の50%以上が売買プログラムと言われており、ゴールドマン・サックスでは人間のトレーダーを600人から2人に減らし売買プログラムに置き換えていることからも、プログラム主体の投資判断が主流となってきています。

WEB上で見かける投資塾や投資顧問サービスなどでは、未だに人が銘柄選定や株価予想を行っているケースがありますが、膨大な量のデータがあふれる現代において、経験則や勘から人が判断して予測することに統計的な優位性はないと言えます。




どんなデータを利用して明日の株価予想をしているのか?

まず当然ですが、過去の株価データを利用します。

具体的には、始値、高値、安値、終値、そして出来高という数値を利用します。これら5つのデータを用いるだけで、非常に多彩でエッジのある情報を得ることができます。

例えば、移動平均線乖離やMACD、RSI、パラボリックSAR、CCIなどのテクニカル指標を使うことができます。他にもハラミ足、十字、三尊天井などの罫線(けいせん)情報や坂田五法情報なども検証・分析することができます。

FXや先物、仮想通貨などのプログラム分析では、価格データがメインとなりますが、株式トレードにおいては出来高(正確には売買代金)のデータがとても重要です。出来高を伴う上昇と、出来高が少ない上昇では、全くと言っていいほど異なる意味合いを持ちます。

自動売買、システムトレードというプログラム売買では、これらの価格・出来高データを利用した分析だけで計算されていることがほとんどです。

なぜなら、個人投資家が手に入れられる多くの一般的な自動売買・シストレ用のツール・アプリでは、入手が簡単で、かつ、そのまま利用できる「株価データ」しか扱うことができないからです。

株価データ以外の有用な情報は、データを収集することも大変ですが、さらにそのデータを分析可能な値に時系列に整形することがとても難しいからです。




ロボトレーダーでは、価格・出来高データ、および、これらから計算可能なテクニカル指標などはもちろんですが、これらとは全く別のデータを利用して分析を行っています。

例えば、相場を動かす需給情報もその一つです。株価の値動きは決してPERやPBRなどから算出される適正価格になるわけではありません。

買いたい人が売りたい人より多ければ価格は上がります。人は適正と思っているよりも高い価格でも買うことがあります。

オランダのチューリップ相場に始まり、日本のバブル相場、トランプ相場、コロナ相場や仮想通貨バブルなど、ニュースに取り沙汰される大きな上昇相場になると、人は「今買わなければこの流れに乗り遅れてしまう」と思い、割高だとは感じても買ってしまうものです。

明日の株価を予想する上で、買いたい人がいるのか、直前でも買っている人が増えているのかといった需給情報は非常に有意性のある情報になります。

それ以外にも、投資家心理・行動ファイナンス分析として各種統計資料や先物価格など投資対象外の周辺データを利用することも、株価予想においては必須となりつつあると言えるでしょう。




明日の株価予想に大きく影響する要素とは?

このページの公開しているロボによる「明日の株価予想」を投資に活用する場合においても、事前に頭に入れておくべきことがあります。

それは、株価予想に大きな影響を与える要素が存在するからです。

まず、最も大きい影響を与えるのは「NYダウ」でしょう。

日本の株式市場が閉まり、その日の夜に開場するニューヨーク市場の値動きは、翌日の日本市場に大きく影響を与えます。NASDAQやヨーロッパのインデックス指標も影響がないわけではありませんが、やはりNYダウもしくはS&P500の影響が絶大です。

「前日好調だったから明日の株価は堅調」と予想しても、朝の寄付が、大きなマイナスで始まることはしばしばあります。これは直接的に海外経済が株価に影響を与えたと言うより、投資家心理に大きな影響を与えたと言えます。

そして、もうひとつ大きな要素は、「ドル円」です。

円安になれば、輸出企業と言われるトヨタ自動車など自動車業界株が上がり、円高になれば、輸入企業が上がるといったニュースを聞いたことがあると思います。

もちろん、円安/円高は企業の経営に影響を与えますが、実際には、企業も為替変動を見越した計画を立て、為替ヘッジにより為替変動リスクを軽減する対策をしています。

日本ではよく「円安=株高」がイメージとして定着しており、ドル円と株価は相関関係にあると言われてきましたが、最近でも逆相関になることもあり、「絶対の方程式」とは言えないようです。

それでもドル円が動くと日本の株価は影響を受けるので注意が必要です。




他にも抑えておくべき要素とは?

前述しましたが、需給面の情報は非常に重要です。

真っ先に見るべきは、海外投資家の需給情報でしょう。JPX(日本取引所グループ)が公表している投資部門別売買状況を見れば、外国人が買っているのか?売っているのか?がとても詳細に分かります。

東証プライム銘柄の売買だけでなく、先物のボリュームも大きいので、海外投資家の動向を把握するには、必ず現物と先物を合算してください。現物株式は売っておきながら、先物を大量に買い越しているなんてこともよくあります。

このように、明日の株価予想をする上で、必要と思われるデータの一部を紹介だけでも、とても人がエクセルや紙に書いて分析できる情報量でないことが分かります。

そして、分析した結果から、どのデータの情報を利用し、どのデータは無視するのかといった重みづけを非常に細かく実施していくことが必要です。

例えば、前日のNYダウが値下がりしたら、逆に日本株は明日上がるという傾向があったとして、過去においても優位性が認められたとします。

だからと言って、前日NYダウが下がったら必ず翌日買うのでは、負ける日も多く、手数料負けしてしまうこともあるでしょう。

そこで重要となるのが重みづけです。

重みとは、前日NYダウが下がったのであれば「買い」に3票入れるというイメージです。その他の情報によっても投票があり、結果として100票集まれば「買い」として正式に判断します。

このような微妙な調整(重みづけ)により、現在ではAIにより猫の画像をネコとして認識出来たり、将棋でロボットが人間に勝てるようになっているのです。

つまり、これらの重みづけという手法は、既に人間の域を超えている技術であり、コンピューターを利用する以外に方法はありません。




巷にあふれる株価予想が、信用できるか見分ける3つのポイント

このページでは、ロボトレーダーで利用可能な株価予想のロボによる明日の株価予想を公開していますが、このサイト以外にもネット上にはさまざまな株価予想があると思います。

そこでこれらの情報を自分なりに見極めるポイントを紹介します。

1.予想した情報の結果を全て公表しているか?

前述しましたが、多くの株価予想は、①いつ②どの銘柄③買い/売りなのか(もしくは目標株価)の3つの情報だけです。 ④決済の情報まで明確に公開しているケースは少ないです。

よくあるのが、
・何百の予想のうち、勝った予想結果だけを公開している
・エントリーだけ予想して、最高値での利益率を公開している
ですね。

これらは良いところだけを掲載しているので、場合によって金融商品取引法における広告等規制違反となる可能性があるので注意が必要です。

ロボトレーダーでは、株価予想をする全てのロボの、すべての結果を公開しています。勝ったときだけでなく、負けたときも透明性を持って公開しています。


2.実際に利用しているユーザーがいるか?

既に、多くのユーザーが利用しているのであれば情報源として安心できます。

また、ユーザーが既に長い年月継続して利用し続けていれば、それは満足の行く利益を上げられているという証拠でもあります。

利用ユーザーが少なければ、その分情報から得られる利益が大きくなるのではと考えるかもしれません。インサイダー情報や仕手株情報ではそうかもしれませんが、これらを基本的な投資活動に活用するのはいかがなものでしょうか。

相場における再現性のある投資情報を提供するのであれば、ある一定数のユーザーに提供しても問題はないと考えます。もちろん売買代金が1日で500万円未満のような薄い銘柄は別ですが。

ロボトレーダーは、サービスを2017年末から提供しており、、同種の株価予想のロボによる売買シグナル配信サービスの延べ利用ユーザー数と合わせて5000名以上となりました。


3.無料なのか有料なのか、費用について明確に掲載があるか?

株価予想は先に書いたように、④決済の情報があって初めて、読んだ人に投資の利益をもたらすものです。

ですので、「予想株価は〇〇円」、「〇〇銘柄を明日は買い」といったよくあるサイトの情報では投資の利益を得ることはできません。これらのサイトの目的は、自社の他のサービスへの誘導や広告費稼ぎなどです。

提供している株価予想が無料なのかどうか、もし有料でればいくらなのか、が明確に掲載されていない場合は、集客目的のサイトだったり、メールアドレスを登録させて後から高額の投資商品を販売するということもありますので注意が必要です。

ロボトレーダーは、月額3000円で3つの株価予想ロボが利用できる投資情報提供サービスです。




実績のある株価予想ロボが売買シグナル配信!ロボトレーダー。株式会社テラス 投資助言代理業 関東財務局長(金商)第2347号
2018年にスタートした投資WEBサービス

既に5000名以上が利用している
実績のある株価予想ロボが、

日々「明日の株価予想」を
あなたのメールへお届け。




この記事の著者

RoboTrader編集部

ロボトレーダーで利用できる100体以上の株価予想ロボは、様々な分野のプロの知見から生まれています。トレーダー・投資家だけでなく、金融システム開発者、テクニカルアナリスト、 シストレコンテスト優勝者などによりロボは設計されています。それぞれのロボが特有のエッジを持ち、得意な相場やトレードのクセがあるものです。これら成績だけでは見えてこないロボの特色などもお伝えしていきます。RoboTraderを運営している株式会社テラスは、国内最大のトレードシステム販売サイトの運営やストラテジークリエーター、自動売買システム開発者、テクニカルアナリストなどを多数抱えたシステムトレード専門企業です。


この記事に関連するオススメ記事
ユーザー成績などの記事

※ChartTrader+及びRoboTrader+は個人投資家の皆様に向けた株式会社テラスが運営する株価予想やチャートから見えてくる投資情報提供サービスです。 掲載情報の著作権は記事提供元等に帰属します。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 TOPIXの著作権は東京証券取引所に帰属します。 情報の内容につきましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。 万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社及び情報提供者は一切の責任を負いかねます。